超簡単iOSライブラリ管理ツールCocoaPodsを導入してみた

iOS向け外部ライブラリを導入する際に簡単に導入管理ができるようになるツール「CocoaPods 」を入れてみたので、備忘録を残しておきます。

インストール

とりあえず、まずはCocoaPodをインストールするところからCocoaPodsはRubyが必要だけど、Mac OSXならとりあえず問題なし。ここは気にせず進める。 ターミナル上で以下のコマンドを叩く

$ sudo gem install cocoapods

次に、ライブラリ情報のセットアップ

$ pod setup

とりあえず、これでOK 準備ができたので実際に使ってみる。

プロジェクトに導入

導入方法も至って簡単。自分のXcodeのプロジェクトの「.xcodeproj」と同じディレクトリに「Podfile」というファイルを用意する。 で、中身は下記のように記載(例としてAFNetworkingをいれる場合)

Podfile
platform :ios, '7.0'
pod "AFNetworking", "~> 2.0"

これでOK。記述の詳しい内容はココでは省く。 あくまで導入メモなので 次に、実際にライブラリを入れてみる。 先ほどの「Podfile」があるディレクトリにターミナルで移動し、以下のコマンドを叩く

$ pod install

きちんと成功した場合は、「Pods」ディレクトリと「.xcworkspace」というものができているはず。 あとは、そのワークスペースからXcodeを立ち上げれば該当のライブラリが導入されている。

更新

新しくライブラリを追加、削除したり更新したい場合のコマンドもいちお書いておく。 まず、「Podfile」から追加したい場合は追加するものを削除の場合は該当のライブラリの行を消しておく。 その上で、ターミナルで

$ pod update

をすれば、削除、追加、更新を行ってくれる。 こんな感じで超簡単に外部ライブラリの導入管理ができるようになる。便利すぎてこれなしだと萎えるレベル

詰まったところ

詰まったところがあったのでメモっておく。 既存のプロジェクトの途中からCocoaPodsを導入した時 基本的に途中から導入したとしても問題なく使えるはずだが、ターゲットを複数分けているときに少し詰まった。 具体的には最初からあるターゲット以外のものに対して、導入したライブラリが見つからないってことが起きてしまう。 その対処法についてメモっておく。

Link Binary With Librariesに追加

新しく追加したターゲットのLink Binary With Librariesを開き、「libPods.a」を追加する

PROJECT Configurationsの設定

ここを開くと元々あったターゲットのところだけ、「Pods」が設定され他のところは「None」となっている。 その場合、使いたいターゲットのところに「Pods」を設定する。

とりあえず、上記2つのことを行えば追加されていたターゲットに対してもCocoaPodsを有効にできるはず。

スマホアプリ制作、Web制作、UIコンサルなどのご依頼はこちら

お問い合わせ