オフショア開発のベトナム訪問レポート!

つみき、サーバサイドエンジニアの土屋です。初めまして。

つみきもやっとオフショア開発はじめました

弊社では今夏からFilmarksとクライアント案件の一部でベトナムでのオフショア開発を始めました。
先日ベトナムのハノイへ視察してきましたので、簡単ではありますが体験してきたことを書きたいと思います。

ベトナムは総人口が9,000万人以上、平均年齢も27歳前後と若く活気に満ちた国でした。訪れたハノイの気候はちょうど曇っていたこともあって、想像していたよりも暑くなく過ごし易く感じました。近年、日本各地で発生している突然のスコールは、現地では日常茶飯事であり現地の人は傘は使わずにレインコートを日常的に持参していました。若い人ほどファッショナブルなレインコートでファッションの一部として楽しんでるような印象を持ちました。

若くてプロ意識の高いベトナム人エンジニア

オフショア開発の現場を視察して感じたことは、個々の技術力が高くプロ意識が強い。そして、ハングリー精神を感じました。にも関わらず、みなさん年齢が若い。個々に何かしらの夢を持ち輝いていました。品質管理体制も整っており、安心して開発をお願いできる環境であることも分かりました。

また、コミュニケーション面ですが、日本語もしくは英語で意思疎通ができます。もちろん相手方もネイティブではないので、伝わりにくい部分ももちろんあります。そこは根気よく伝えていくことが大切だと思います。

素朴で家族を大切にするベトナム人

ベトナム人は素朴で親しみやすく几帳面な国民性だと言われています。家族との絆をとても大事にしているそうです。 ベトナムでの体験はどこか昔の日本を想起させるようなもので、懐かしい映画を観ているような感覚でした。 またチャンスがあれば訪問したいと思います。

次回からはFilmarksに関する技術について紹介していけたらと考えています。
オフショア開発を行うにあたって、開発はRuby2&Rails4を採用しています。

つみきではFilmarksの開発を進めていくエンジニアを募集しています。
ご興味をお持ちいただけたエンジニアの方は、ぜひご応募ください。

スマホアプリ制作、Web制作、UIコンサルなどのご依頼はこちら

お問い合わせ