このフォント何~?フォントの探し方

つみきのデザイナー若月です。フォントの話 第3話。
今回はさくっとフォントの探し方について話したいと思います。
Webサイトを見ていて、このフォント何っ!て気になることあると思います!
そんな時、僕は下記の方法でフォントを探します。


Webフォントの場合

Chromeのエクステンション『WhatFont 』を使っています。
起動させてデバイスフォントにマウスカーソルを当てると該当のフォント名が解ります。
クリックするとフォントサイズやカラーコードも解るちょう便利!

画像フォント 欧文の場合

欧文の場合はみんな大好き『WhatTheFont!』を使います。 画像をアップすると正解の候補をピックアップしてくれます。
今回は『Didot』で作成した画像をアップしたのですが、ピッタリ正解があがっています。
ちょうちょう便利!

画像フォント 和文の場合

今のところ和文フォントは画像検索がありません。名前が解らないフォントは目視で探すしかないんですね。見出しやロゴはもとの書体に手を加えていることが多いのでさらに解りにくいです。
まず大まかに書体のあたりを付けて、手持ちのフォントで近いものが無いかを探します。
手持ちのフォントを探すときは『NexusFont』を使っています。
該当するフォントが無ければ『フォントガレージ』で検索をかけています。


和文の場合は並べて比較するのが一番解りやすいかと思います。 このフォントは形状からオールド明朝系だと解ります。また長体をかけて変形させていますね。 下記にオールド明朝系のフォントを並べて長体をかけてみました。 こうして見比べてみると、結構接合部分やカーブに違いがあるのがわかるかと思います。
今回はZENオールド明朝が近いかなーと思います。「タ」とかは角度を変えたり手を加えてさらに調整していますね。
普段から見本帳などで形を記憶しておくことが、早く書体のあたりをつける一番の近道なんじゃないかなと思います。
なかなか一筋縄にはいきませんが、フォォント探しに困ったら参考にしていただけると幸いです。

スマホアプリ制作、Web制作、UIコンサルなどのご依頼はこちら

お問い合わせ