2014年よく使ったフォント ~欧文編~

つみきのデザイナー若月です。フォントの話 第4話。
早いもので、今年も残り2ヶ月となりました。
ちょっと早いですが、今年よく使ったフォントをまとめてみたいと思います。
今回は欧文フォント編。


サンセリフ

Din
オールマイティ!今年もお世話になりました。

Bebas Neue
長体がかかっており、スタイリッシュ。スポーツやモーターサイクル系によく使いました。

Lato
Google Fonts。ウェイトがそろっており見出しから本文まで使いやすい。

Roboto
Androidのシステムフォントで有名。ちょっと丸みをおびており柔らかい印象。

セリフ

Didot
迷ったら「Didot」!というくらい使いました。

PT Serif
Google Fonts。くせがなく本文にぴったり。

Neutraface slab
スラブセリフ系。大きめに使うと雰囲気があってキまります。

F37 Bella
エレガントでファッション系に使いました。

その他

Freestyle Script
手書きフォント。そのわりに読みやすくアクセントに使いやすかった。

補足

デザインフォントは「Behance」で知ることが多かったです。
「font」や「typo」で検索をすると格好良いフォントが沢山でてきます。


以上となります。
今年はフラットデザインの流れからフォントを大きく見せるデザインが多かったので、細身でモダンなフォントを使う事が多かったように思います。
また去年くらいからWebのデザインの欧文フォントはWebフォントを使うようになり、 欧文フォントを選ぶ際は、Webフォントに対応しているかも重要になってきました。

スマホアプリ制作、Web制作、UIコンサルなどのご依頼はこちら

お問い合わせ