どうやって決める!?フォントの選び方。

つみきのデザイナー若月です。フォントの話 第8話。
今回は、フォントの選び方について。
フォントはデザインを大きく左右します。
デザインに合ったフォントを選ぶことで世界観が強まり、
よりブレのないデザインになるので、理由なく選ぶことはありません。
僕なりのフォントの決め方を以下に書いてみようと思います。


1.ヒントとなるキーワードを見つける

フォントを決める前に、デザイン全体のトンマナを決める必要があります。
基本的に全体のデザインにあったフォントを選ぶので、
デザインのヒントとなるキーワードを事前にいくつかピックアップしておきます。

2.キーワードから系統を決める

フォントにはそれぞれ特徴があり、一般的には下記のように分類されるかと思います。
だいぶざっくりと分類しているので、
そこをどう細分化するのかはデザイナーの個性かなと思ってます!
キーワードと照らし合わせて、書体の系統を決めていきます。

3.系統からフォントを選ぶ

どういうデザインを作るのか、キーワードに合う文字を印象から選びます。
まずは、自分のPCにインストールされているものから調べていきます。
個人的にはNexusFontを使っています。フォントの系統ごとに分類して管理をしているので、
デザインに合った系統のフォントをざーっと見ます。

そこでイメージが一致しない場合は、個人的には下記のサービスを利用して探しています。

logo、typography、fontなどで検索すると素敵なフォントがたくさん出てきます。
見つかったフォントが何かわからない場合はコチラの記事を参考にしてください。


実例を数点紹介します。

実例紹介【PREMIUM TOURERS

キーワード

  • アウトドア
  • SUV
  • 躍動感
  • 男性
  • 上質感

上記の特徴から、ゴシック体系/明朝系がサイトのイメージにあっています。
力強い印象の太ゴシック「Trump Gothic East」「AXSIS」、
プレミアムな上質感を感じさせる「ITC Lubalin Graph」を使用しています。

実例紹介【おかっパメラ

キーワード

  • レトロ
  • かわいい
  • 子供
  • ポップ 上記の特徴から、丸ゴシック体系/手書き系などがあっています。 レトロな雰囲気のある「セザンヌ墨東」、丸ゴシックは「スーラ」を使用しています。

使用するフォントは、大体1サイトにつき3つ程度にしています。
デザインの方向性が決まれば、選択するフォントはある程度絞れます。
その中でよりマッチしたフォントを選択できるように、普段から引き出しを多く持ち、
自分のルールを磨いていく事が重要かなと思います。

スマホアプリ制作、Web制作、UIコンサルなどのご依頼はこちら

お問い合わせ