【混植】和文+欧文で綺麗な文字組みを

つみきのデザイナー若月です。フォントの話 第9話。
今回は混植について。

デザイナーの方なら欧文と和文のフォントを別々に指定する事が多いんじゃないかと思います。
そのように、2種類以上のフォントを混合して使うことを、混植といいます。

混植ってなに?

混植(こんちょく、こんしょく)と読みます。

和文の英数字は、日本語の中で記号として1文字単位で使ったり縦組みで使われる場合を想定しデザインされており、欧文を使う文字としてデザインをされているわけでないので、文章中に単語として混在させると違和感がでてきます。

例えば文字はそれぞれ幅が異なるのが普通ですが、和文の英数字は固定幅でデザインをされており、単語を組むと無駄な隙間ができたりします。そういった事を避けるため、英単語や数字を組む場合は和文に混ぜても違和感の無い欧文を用いて文字を組むことが一般的に行われています。

今回は、個人的に良く使う混植のセットを紹介したいと思います。


よく使う混植パターン

日本語をベースに考え、それにあったウェイトや形の近い欧文フォントを選びます。

  • 「ゴシック体」であれば「Sans-serif」
  • 「明朝体」であれば「Serif、Script」
  • 「筆記体」であれば「Script、Serif」

あたりを選ぶのが一般的かと思います。

ゴシック体

明朝体


ウェイト・サイズ・ベースラインに注意する

混植で重要なのは見た目を合わせることだと思います。
特にウェイト・サイズ・ベースラインに注意して調整すると良いかと思います。

体感的には欧文を「フォントサイズ110%~130%」「ベースラインを-1~-2」
で調整をかけるといい感じになるように思います。

ただ最終的には、数値ではなく視覚的に違和感がないように調整をしましょう!

スマホアプリ制作、Web制作、UIコンサルなどのご依頼はこちら

お問い合わせ