社内ですぐできる、UXワークショップ!

こんにちは。 Filmarksのグロースハッカーをやっている松山です。

先日、社員旅行に行った際に、 みんなでUXのワークショップをやってみました!

たった3時間で、UX設計の一連の流れを体験することをテーマにしています。 デザイン思考やHCD(人間中心設計)を参考に、 ペルソナ作成からプロトタイプ作成まで一連の流れをカンタンに体験してみる内容で考えてみました。

社員旅行だったこともあり、 旅に関するサービスを考えよう というお題でワークショップをやりました。 旅行はとっつきやすくて、考えやすいお題だと思います!

今回のワークショップのタイムテーブルは以下のとおり。

  • ターゲットを1人に決める(10分間)
  • ペルソナ作成(15分間)
  • カスタマージャーニーマップ作成(30分間)
  • Note and Voteでサービスのアイデア出し(15分間)
  • シナリオ作成(30分間)
  • ペーパープロトタイプ作成(30分間)
  • プレゼンテーション(20分間)

これで、合計3時間です。 一つ一つの時間はかなりタイトです(笑)
今回は、「ペルソナ」や「カスタマージャーニーマップ」などの一つ一つを学ぶというより、 全体像を把握することを重視して、このようなタイムテーブルで考えてみました。

振返り

よかった点

ディレクターやデザイナー、エンジニアなどなど色んな職種の人が全員で集まってワークショップをやるのは、すごく楽しいし重要なことだと改めて思いました。思ったより気軽に出来るので、社内のメンバーでやってみるとよいと思います!
また、全員で同じ方法論を共有するのは、一緒に仕事を進めて行く上でやりやすくなるのではないかと思います。

改善点

やはり時間が厳しかったです。 プレゼンテーションの準備まで終わったチームは4チーム中2チームでした。 特に、考えやすいペルソナを設定したチームがスムーズに進んでいる印象を受けました。

他の短時間のワークショップを見ると、ペルソナまでは最初から決まってるケースが多そうですし、 ペルソナは予め用意しておくべきかもしれません。

最後に

とっても楽しい社員旅行でした。 写真を貼っておきます(笑)

R0002518.jpg

R0002584.jpg

R0002595.jpg

スマホアプリ制作、Web制作、UIコンサルなどのご依頼はこちら

お問い合わせ