タブバーに特殊な動作が設定されているiPhoneアプリまとめ

つみきアプリエンジニアの北野です。

iOSにはタブバーという機能があります。
タブバーは画面の下部に表示され、主にアプリ内の各画面へ遷移することを目的に実装されますが、一部のアプリではSNSに投稿したり、別のアプリが起動したりなど、通常とは異なった動作が設定されているものがあります。

今回はそのようなタブに特殊な動作が設定されているアプリをまとめてみました。

投稿ボタンが組み込まれているタイプ

TwitterGmailでは画面右上に投稿ボタンが配置されており、タブの切り替えと投稿の機能が別々になっていますが、この二つの機能を一つのエリアにまとめ、ユーザがその機能にアクセスしやすくなるよう工夫されたものがあります。

Swarmでは、ナビゲーションの中央にあるタブを選択すると、近辺のスポットが表示されます。Swarmのメイン機能であるチェックインをしやすい設計になっています。

20150416_iOSNavigation_003.png 20150416_iOSNavigation_004.png

Tumblrではナビゲーション中央にあるタブを選択すると、投稿する記事タイプ一覧が表示されます。

20150416_iOSNavigation_005.png 20150416_iOSNavigation_006.png

Instagramでは、ナビゲーション中央にあるタブを選択すると、カメラが起動して直接投稿することができます。
20150416_iOSNavigation_007.png 20150416_iOSNavigation_008.png

ページの最上部までスクロールするタイプ

選択中のタブと同じタブがが選択された際、画面の上部までスクロール機能が追加されているアプリがあります。
この機能はInstagramFacebookなど多くのアプリにて実装されおり、つみきの自社サービス、Filmarksにも実装されています。
20150416_iOSNavigation_009.gif

画面遷移・投稿以外の動作が行われるタイプ

投稿・画面遷移以外に、別のアプリが起動したりアカウントの切り替えが行えるものがあります。

twitterは「アカウント」タブを長押しすることで、ログインユーザの切り替えが行えます。
20150416_iOSNavigation_010.png 20150416_iOSNavigation_011.png

Facebookは「Messenger」タブを押すと、別アプリであるMessengerアプリが起動します。
20150416_iOSNavigation_012.png 20150416_iOSNavigation_013.png

特殊な動作を追加する利点と、気をつけなければならない点

タブバーに特殊な動作を追加すると、サービスのメインとなる動作へ簡単にアクセスでき、動作の幅が広がります。
しかし特殊動作を追加する際は、タブバーの本来の用途を損なわないことや、ユーザが求めている動作であるかを常に考える必要があります。

今回紹介したアプリはどれも有名なものばかりですが、紹介したもの以外にもタブバーに特殊な動作を含んだものは多くありますので、アプリを使用する際に注意して使用してみると参考になるものが見つかるかもしれません。

スマホアプリ制作、Web制作、UIコンサルなどのご依頼はこちら

お問い合わせ